【薬園台校】小6から万全の中学準備を!!

お知らせ 薬園台校ブログ

新小6生のお子さまで、こんなお悩みを抱えている人はいませんか?

「5年生の学習内容がしっかり定着できているのか、不安があるけれど大丈夫か」

「6年生の勉強は難しくなるので、今のままでちゃんとマスターできるか心配だ」

「中学校の英語は読み書きの比重が高くなるので、何か準備したほうがよいのか」

「文章を読むのが苦手なので、これからの勉強に影響が出るのではと気掛かりだ」

ご存じの方も多いと思いますが、小5・小6の内容は中学の学習に深く関係しています。算数では分数計算や割合・速さ・単位変換などでつまずくお子さまが多いのですが、この部分は中学の文字式や方程式で頻出するため、小学生の段階で考え方の基本をマスターすることが、数学でつまずかないようにするために必要です。

国語では漢字の着実なマスターと基本的な読解力の定着が、中学での学習に大きく影響してきます。中学では、英単語を始めとして覚える学習の比重が高まります。漢字を着実にマスターする学習習慣がついていないと、覚える学習への取り組み方が分からず、定期テストで伸び悩む根本的な原因になります。読解力は国語だけなく、英語の長文読解や数学の文章題にも関わりますが、学習の対象が絞れる小学生のうちから対策を講じることで、中学に向けた基本的な学習姿勢を身につけることができます。

最近では加えて、英語への対応も気になるところです。今後の英語力に求められる4技能のうち、「読み」「書き」は最も定着が難しい技能で、早くから英会話になじんでいるお子さまでも課題として残るケースが少なくありません。定期テストで問われる「勉強としての英語」に対応するには、これまでの学習が引き続き必要になってきます。気づいたら英語が苦手に…という事態を防ぐには、早めにできる状態になることが最大の効果を発揮します。

何ごとも早めの準備は、後から振り返って良かったと感じることが多いでしょう。お子さまが大きく成長する中学生の時期に、勉強で自信が持てるようになるかどうかは、その後の進路に大きな影響を与えます。少しの努力で大きな成果が得られる中学準備講座は、私たちが強くお薦めする学習です。興味を持たれた方は、ぜひ教室までお問い合わせください。