【薬園台校】中学準備学習のススメ

お知らせ 薬園台校ブログ

2月も中旬に入り、教室内では来週に控えた県立高入試へ最後の詰めを迎えています。毎年のことながら、生徒たちからは「もっと早くから塾に来ればよかった…」という反省の声が、少なからず聞こえてきます。実際の入試本番を前に、自分に足りていなかったことに気づく経験は、保護者の皆様もご記憶があるのではないでしょうか。

塾に通い始めるのは、やむをえず必要に迫られて…という方がほとんどです。塾に通うことにお子様が前向きにならないと効果が期待できないため、それは当然のことと言えます。しかし、つまずく前の段階で様々な課題や問題が生じていることが多く、気づいてからの改善には少なからず時間がかかる場合もあり、お子様のがんばりがより求められることに。

「なるべくならスムーズな流れで、子どもに前向きな気持ちで勉強に取り組んでほしい」という願いは、子を持つ親御様の率直な思いだと思います。そんな思いを実現できる本当に貴重なタイミングが、中学入学前の小6生には訪れていることをご存じでしょうか?

入学して初めての定期テストで思い切り良い結果を残すことで、勉強に自信と弾みをつける。実際にそうした経験をすることで、その後のお子様がガラリと変わる。小学生の頃は普通だったお子様が、中学生になって急激に成長する。決して誇張ではなく、中学入学に向けてスタートしたお子様に少なからず見られる傾向です。

中学から始まる英語と、算数から大きく変わる数学にどう対応していくのか。中学生になって成長を遂げる鍵は、この2つに自信が持てるか否かにかかっています。最初のテストは簡単なイメージがありますが、だからこそ自己ベストの得点を目指すべきチャンスです。勉強への取り組み方もマスターして、楽しい中学生活がスタートできる準備をしてみませんか?

PXL_20210217_090823060