【薬園台校】私たちが定期テストを重視する理由

お知らせ 薬園台校ブログ

学年末テストが近づいていますが、アシストワンでは定期テストでの取り組みや結果を重視しています。塾である以上当然ではありますが、進学塾の中には学校のテストは自力での対応を求めるところもあり、かく言う私もそんな塾で指導してきたことがあります。

進学に軸を置く指導であっても、高校入試であれば学習内容は学校と基本的に変わらないので、定期テストでも点数が取れるはず…と考えてきましたが、実際には対策を講じないと期待した結果につながらないお子様が非常に多かったことを記憶しています。

高校入試で少しでも可能性を高めることを考えれば、入試に標準を絞った指導に特化することは合理的です。どのお子様も最終的には第一志望への合格が最大の目標ですが、一方で高校入試では本番での得点と併せて、内申点を確保する必要があります。

内申点は県立・私立を問わず、合格において欠かせない重要な要素です。特に、私立の推薦入試では出願の要件となっています。高校入試では一部の学校を除き、推薦での合格率は非常に高いのですが、いくら学力が上がってもそれまでの内申点が足りないと、希望の学校に推薦で出願することが難しくなります。

県立では、入試本番の得点と3年間内申点の合計で上から合格者を決めていきます。そのため、内申点に自信がない場合には本番で挽回できる余地はあります。ただし、内申点があまりにも受検者のゾーンから離れた位置にあると、挽回にはかなりの高得点が必要になり、志望校を変更せざるを得ないことも少なくありません。

特に千葉県立高校入試では、中1から中3にかけての内申点が評価対象になっています。東京都では中3後期のみ、埼玉県では中3の比重が高くなっているのに対して、千葉県では受験を意識しない学年の成績も中3と同じウェイトで評価されるため、内申点に大きな影響を与える定期テストの成績はとても重要になります。

内申点を良い状態で確保することが、定期テスト対策に力を入れる柱ですが、それと同じくらい私たちが重視するポイントがあります。お子様が学習を進める上で、定期テストはそれまでの努力を具体的に評価する数少ない指標の一つです。少しでも良い結果につなげたいという思いは、皆さん共通です。その思いを適切な形で刺激してお子様の学習意欲を高めることが、高校入試というより大きな壁を乗り越える上でも必要です。

学習習慣の定着という観点からも、定期テストを意識した学習は必要です。単語や漢字を地道に覚え、自分がつまずいた問題を一つひとつクリアする学習に取り組むことが、定期テストで結果を残す有効な方法です。直前にまとめて何とかしようとするお子様も多いですが、学習内容が難しくなるにつれて機能しなくなることは、今も昔も変わりません。学習のペースメーカーとなりうるのは、多くのお子様にとって学校の定期テストです。そこを意識して活用していくことが、学習習慣の定着には欠かせないと考えます。

身近な定期テストで成績アップを実現した先に、最終的なゴールである高校入試での志望校合格がある。大人にとっては当然と思いがちなことですが、道の途中にいるお子様にとっては、学校での学習と受験を別のことのように感じてしまうことがあります。

中学入試や大学入試と異なり、高校入試は学校の学習内容を踏まえた出題となるため、受験テクニックをマスターするよりも先に、いかに基本を正確に定着させるかが求められます。目の前のハードルを着実にクリアしていくトレーニングこそ、中学生に必要な学習スタイルです。そこを意識して取り組む私たちに、お子様のサポートをぜひお任せ下さい!!