【薬園台校】中学での飛躍を果たす最強の鍵

お知らせ 薬園台校ブログ

指導の現場に長年携わっていると、毎年のことながら気になることがあります。どの学年でもそれぞれに課題はありますが、この時期で特に気がかりなのは、この春にめでたく中学へ入学する小6生の学習です。本格的な学習が始まる英語で順調なスタートが切れるか、数学に切り替わる算数で積み残しがないか。この2点が中学でのスタートに大きく影響します。

中学での学力向上で大きなきっかけとなるのは、中1でのスタートダッシュです。前期の中間・期末テストで高得点を獲得できれば、お子様は次のテストでもその成績を落としたくないという気持ちが働くだけでなく、学習に自信が持てるようになります。いわゆる良いサイクルが回り始める最初のきっかけを、前期の定期テストが握っているのです。

その軸となるのが、英語と数学です。小学校から大きく変化する学習に、お子様は期待と不安を持っています。特に英語には少なからぬ期待を持つお子様が多いのですが、気づくと半年後にはかなりの苦手意識が生まれていることも。最初は簡単と思っていると、単語が覚えられない・文法が理解できないという状況になり、頑張ったはずなのに結果が伴わず自信を喪失したお子様の姿を、これまでにたくさん見てきました。

数学でも正負の数を学ぶことで、計算にケアレスミスが生じやすくなります。文字式や方程式の学習では、応用問題で必ず問われる速さや割合の部分でつまずくお子様が非常に多い。これらは小学算数で学ぶ内容なのですが、理解や定着に自信が持てないお子様が多いため、中学数学でも一つの関門になります。その他では、図形の基本的な知識や公式の活用に課題が残るお子様も多く、中1後半の学習で困るケースが毎年見られます。

皆様の経験を思い出されれば、中1の最初はさすがに問題ないだろうとお考えの方も多いと思います。確かに学習内容の理解という点では、正直ハードルはまだ高くありません。ここで重要なことは、部活が始まることでお子様の生活スタイルが大きく変わる点です。「今は勉強に不安はない」という思いが、お子様を部活へ大いに傾倒させる結果、気づいた時には成績に少なからず不安が生じている。その対処には、中学の学習に安心して対応できる学習方法と継続する習慣を身につけることが求められます。

小学算数の復習に加えて、英語への対応や学習習慣の見直しも必要。そう聞くと、さすがに今からでは間に合わないのではないかと思われる方も多いと思います。しかし、そこはご安心下さい。たくさんの中学生を長年サポートしてきた経験から、入学までの時期に押さえるべきポイントを私たちは熟知しています。中学入学に際してお子様が抱える課題や不安をできる限り払拭して、前期の定期テストでスタートダッシュを実現できるよう取り組みます。

塾に入るタイミングはそれぞれですが、ほとんどはお子様がお困りになった状況で始められます。しかし、この時期の小6生は中学入学に向けた前向きな気持ちで始められるだけでなく、お子様の可能性を大きく変えるまたとない貴重なタイミングです。体験授業も随時実施していますので、この機会にぜひお問い合わせ下さい。