【薬園台校】来週から2021高校入試がスタート

お知らせ 薬園台校ブログ

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。

新年も10日が過ぎましたが、中3生は県内私立高を皮切りに入試が始まります。私立高第一志望の生徒はもちろん、県立高入試の前哨戦としても、全員が健闘してくれることを心から祈る毎日です。コロナに負けず頑張ってきた成果に期待しています。

ご存じの通り、私立高入試は英数国の3教科で実施されます。英語と数学は中学生を悩ませる2大教科ですが、特にこの時期は英数で自信が持てる状態にすることの重要性を痛感します。典型的な積み上げ型となる両教科では、着実な理解と定着が求められるため、一人ひとり課題が残る部分を繰り返し学習して克服することが求められますが、それを中学生が個々の努力で切り抜けることは考える以上に高いハードルです。

学習全般に苦手意識があるお子様はもとより、他教科の学習は何とか自力で取り組めるものの、英数ではなかなか苦手を克服できないお子様は、非常にたくさんいらっしゃいます。英数では内容の理解以上に、定着を図るための学習習慣や方法を身につける必要があります。お子様はそこでつまずくことが多く、不安を抱えたまま先に進んでしまうのが現実です。

その状態を改善するためには、一定の時間が掛かります。そのことを考えると、いかに早い段階での対応が必要なのかを痛感するのですが、なかなかお子様にそのことが通じないもどかしさを感じている親御様も多いでしょう。特に中2生は、今の中3生の姿が来年の自分の姿に重なることを思ってほしい。中1生には、今の学習状況が高校入試につながっていることを少しでもわかってほしい。そんな思いで受験生の姿を日々眺めています。

2月を迎えると、県立高入試だけでなく学年末テストの足音が間近に聞こえ始めます。新学年への助走期間となる冬から春の時間を悔いなく過ごすことが、新たな年の成功をつかむ大きなポイントです。気になることがございましたら、お気軽に教室までお問い合わせ下さい。