【薬園台校】冬期講習で2021年の飛躍を!!

お知らせ 薬園台校ブログ

今日から中1・中2生の後期中間テストが始まりました。一気に難しくなるテストですので、例年ながら恐らく平均点が下がると思います。そんな状況でも実力を発揮して、成績アップを実現できるようにしていくことが、中1・中2生が直面するこれからの大きな課題となります。

後期の定期テスト結果は、前期以上に課題が山積するお子様が少なくありません。特に後期の学習内容は、高校入試でも頻出する単元が目白押しです。ここを何となくそのままにしてしまうと、次の学年末テストだけに止まらず、高校入試対策でも苦しい結果になることは、残念ながら例年の受験生を見て痛感しています。

具体的に触れると、中1英語では三単現をはじめとした動詞の変化・識別、数学では関数や図形といったお子様が苦手とする単元が問われ、中2英語では不定詞や動名詞、数学では中1の発展としての関数や図形が問われます。

入試に関心をお持ちの保護者の皆様はご存じかもしれませんが、県立・私立を問わず高校入試の問題を見て頂くと、見事なまでに上記の単元に関する問題が頻出していることが分かります。「後期を制する者は入試も制する」というのが、大げさではない真実だと思っています。

学習の軸となる英語と数学はもとより、通常は学習が手薄になりがちな国語や理科・社会の復習に集中して取り組めるのが、講習授業のもう一つのメリットです。この時期からは次学年を見据えた学習が必要になりますので、こうした機会を活かせるかどうかは、お子様の今後の伸びに大きな影響があります。

今回、薬園台校では12月14日(月)~1月29日(金)の期間で冬期講習を実施致します。約1か月半の期間をこれまでに積み残した苦手や課題を克服する機会として頂きたいと考えています。保護者やお子様のお悩みを払拭する最初の一歩として、私たちと一緒に頑張ってみませんか?

IMG_20201126_151910