2020年から大きく変化する小学生の英語

新検見川校ブログ

2020年から、小学生の英語の授業が大きく変わる予定です。

文科省が公示した学習指導要領によると小学校5年生と6年生では算数や国語と同じ「教科」の扱いになり成績評価も行われるようです。

少しわかりにくいのでこれまでとの違いをまとめると、

①学習時間数が35時間から70時間へと2倍になる

②「聞く」「話す」の授業内容に「読む」「書く」が加わる

③成績として評価され通知表に載るようになる

と変わっていきます。

特に「読む」「書く」が加わることが大きな変化で、今まではどちらかというと英会話教室に通って小学校の授業内容に合わせていた準備が、少しずつ変化していくのではないでしょうか?

小学生の英語の授業で最も大切なことは、子供自身が、自分は英語が好きで得意だ!と感じながら学校の授業を受けられることに尽きると思います。(実際にできるできない、保護者様から見て他の子より劣っている等は気にしなくても大丈夫です)

中学生から先の英語の成績は子供達が抱いている英語という教科に対するイメージにかなりの高確率で引っ張られます。(全科目で当てはまることですが、特に英語では強く感じます。)

さて、アシストワン新検見川校での小学生の英語の授業は、子供たちに自分は英語が得意だなと思わせる授業を展開しております。

具体的には、授業の中で英語を「読ませて」「聞かせて」「しべらせて」「書かせます」。

そして、褒めます!

また、進みが早ければ小学生の枠にとらわれず中学生の内容を先取りし、英検の取得にチャレンジしたりと可能性を広げることができます。1~2年間あれば十分にこのレベルまで到達できます。ここまできたら中学生以降の授業ももう安心ですね。

もしも英語の準備についてお悩みの保護者様がいらっしゃいましたら、是非ご相談下さい。

 

アシストワン新検見川校

TEL 043-441-7511 教室長 高橋まで